施設のご紹介

 

のびのび広場は、株式会社アバンセコーポレーションが運営している認可外の保育園です。共働き世帯が増えていくなかで、アバンセコーポレーション内の社員のみならず、同地域の企業様や子育て世代の地域のみなさまにも活用していただきたいという思いから企業主導型保育事業を始めることにしました。
安心して育児と仕事に取り組むことができるよう、企業としてサポート致します。

 

のびのび広場 なかまち保育園

のびのび広場 なかまち保育園

のびのび広場なかまち保育園は、アバンセコーポレーション本社のすぐ近くに設置され、本社の社員とイベントを通した交流の時間もあります。
周辺には複数の公園があり、窓からは高架上を走る電車を見ることができます。 また、保育システム「コドモン」を導入しており、保護者の方に、日常のお写真等をスマホでご覧いただけるようになっています。

企業主導型保育事業とは

企業主導型保育事業とは国の助成を受けながら会社が従業員のために運営する保育園です。
設置企業の従業員だけでなく、提携の契約を結ぶことによって近隣企業の従業員も利用することができます。
上記の方々は正社員だけでなくパートで働く方も利用できます。
さらに、空きがあれば地域の方々(保育認定が必要です)も利用できます。

 

※1 保育認定とは・・・

  • ・働いていること
    ・妊娠・出産していること
    ・保護者の疾・障害
  • ・同居又は長期入院等している親族の介護・看護
    ・求職活動(起業準備を含む)

企業主導型保育園のメリット

女性活躍の推進

女性をはじめとする従業員が、結婚、妊娠、出産、子育てというライフステージにかかわらず働き続けやすくなります。

 

優秀な人材採用・確保

従業員のワーク・ライフ・バランスに真摯に取り組む姿勢から、企業の魅力が向上することで、優秀な人材の採用・確保にとっても非常に有効です。

 

地域貢献

地域の子どもを受け入れることで、待機児童の解消に資するという大きな地域貢献になります。

 

企業イメージの向上

子育てに優しい企業であるとの企業イメージの向上にもつながります。